AV&R社の自動プロファイリングシステムは、ブレードやベーンの設計図に沿って高精度なプロファイルをつくり出します。その精度は、±37.5 μ(±0.0015in/0.04 mm)公差までに適応可能です。

この自動システムは、前縁及び後縁の最終形状検査が含まれます。取得される測定値の再現性:Gage R&R (EV) ≤ 4回合計±50µm/±.002inの12% 。後縁端部の加工、ブレードの3次元ブレンディング・ポリッシング(底の部分やフィレットR部を含む)もこれらのシステムで処理することができます。

高圧、低圧のベーンやタービンブレード、コンプレッサブレード、ファンブレードのいかんを問わず、当社の適応性プロファイリングシステムは、最新のエンジン設計に必要な精密なレベルの実現に挑戦していきます。

ロボット式プロファイリングの優れた点

貴社工場で扱うブレードのプロファイリング作業を自動化することにより

  • 製造の品質と均一性が改善します
  • 作業量が増加します
  • 研磨材の消費が削減し(最大75%)、費用も削減されます
  • 人間工学的特性及び安全性が向上します

主要な技術

  • 前縁及び後縁のプロファイリング
  • 後縁の薄化加工
  • 軸部、底部、フィレットR部のポリッシング
  • 3次元ブレンディング作業
  • 翼弦長のフィードバック
  • 最終的な端部形状のフィードバック

プロファイリングは極めて精密な作業です。貴社の製品に対する規定要求値や工場環境に自動化工程が適合するよう確認するためにエキスパートチームと共に作業するようにして下さい。

 

Client Testimonial

Client Testimonial Leistritz

エンジン回転部の部品の仕上げを自動化するためには、接触する強さや高速データ処理が可能なソフトウェア等の機能が必要になります。AV&R社は、これまでにガスタービンエンジン修理(MRO)工場向けのロボット式ポリッシングシステムを数台設置してきました。これらのシステムは、部品を加工する前にその部品を検査し、その実形状とオリジナル部品の設計上の形状に近づける作業の計算をします。そして、ブレードの断面に対し、この部品に対する修理可能な許容値まで母材を最小限まで削ります。

その表面仕上げを制御することはしばしば難しい場合があるので、このプロセスを自動化し、確実な作業をするための最良の方法です。当社のロボット式研磨システムは25~125 μm(1〜5mils)の厚さを平均的に削ることができ、部品の修理部分は±15 μm(± 0.6 mil)以内で成形可能です。

当社の革新的なシステムは、MRO産業におけるブレークスルーとなります。可変的に現在はクローズドループ制御と検査のフィードバック機能を使用しています。システムに組み込まれた当社のBrainWaveソフトウェアは、研磨工程の実施とその作業をリアルタイムで実施できるよう制御しています。

ロボット式プロファイリングの優れた利点

貴社工場にてブレードのプロファイリングを自動化することにより

  • 製造の品質と均一性が改善します。
  • 作業量が増加します。
  • 研磨材の消費が削減し(最大75%)、費用も削減されます
  • 人間工学的特性及び安全性が向上します

主要な技術:

  • 前縁及び後縁のプロファイリング
  • 後縁の薄化加工
  • 軸部、底部、フィレットR部のポリッシング
  • 3次元ブレンディング作業
  • 翼弦長のフィードバック
  • 最終的な端部形状のフィードバック

プロファイリングは極めて精密な作業です。貴社の製品に対する規定要求値や工場環境に自動化工程が適合するようエキスパートチームと共に作業するようにして下さい。