AV&Rの自動プロファイリングシステムは、エンジニアリング設計に従って、ブレードおよびベーンの高精度長円プロファイルを作成します。その適応性があるクローズドループ制御機能が±37.5 μ(0.04 mm)の許容差を実現しています。

当社の自動システムの中には、前縁および後縁の最終形状検査に使用される検査システムが含まれます。取得される測定値の再現性は、4Σ以内の±50 μmの許容差に対してゲージR&R (EV) が12%以下です。後縁の薄化加工、ブレードの3次元ブレンディング/ポリッシング(プラットフォームおよびフィレットの半径部を含む)もこれらのシステムで実行することができます。

高圧ベーン、低圧ベーン、コンプレッサブレード、ファンブレードのいかんを問わず、当社の高適応性プロファイリングシステムは、最新のエンジン設計に求められるレベルの精度を実現します。

ロボット式プロファイリングの利点

工場におけるブレードのプロファイリングを自動化することによって以下の利益がもたらされます。

  • 製造における品質と均一性が向上します
  • 作業量が向上します
  • 研磨における消耗が減少し(最大75%)、費用も削減されます
  • 人間工学的特性および安全性が向上します

主要テクノロジー

  • 前縁および後縁のプロファイリング
  • 後縁の薄化加工
  • フォイル、プラットフォーム、フィレット半径のポリッシング
  • 3次元ブレンディング作業
  • コード長のフィードバック
  • 最終端部プロファイルのフィードバック

プロファイリングは極めて精密な作業です。仕様要件に適合していることを確認すること、および製造環境で機能する自動プロセスを提供することを確認することが可能な、精度に関するエキスパートチームと共に作業するようにしてください。

 

Client Testimonial

Client Testimonial Leistritz

エンジン稼働部品の仕上げを自動化するためには、適応性のあるタッチと高速データ処理のための処理ソフトウェア必要になります。AV&Rでは、これまでにガスタービンエンジン修理(MRO)工場向けのロボット式ポリッシングシステムを数基設置しています。これらのシステムは、その部品がマシンに入る際に部品を検査し、その実形状とオリジナル部品の設計プランに従って実施しなければならない作業を計算します。これらのシステムはエンジン動翼のすべての断面に対して機能するものであり、その部品の寿命に重要である、その最小限の母材をだけを除去します。

その部分間での表面仕上げの制御を達成することはしばしば難しい場合があるので、このプロセスを自動化することは、その成果を保証するための最良の方法です。制御された素材除去を用いる当社のロボット式ポリッシングシステムは25~125 μmの平均的除去を、部分間の均一性±15 μmで確実に達成します。

当社の革新的なシステムは、整備/修理/オーバーホール(MRO)産業におけるブレークスルーとなります。スケーラブルであり、現在はクローズドループ制御と検査のフィードバックを使用しています。ロボティックシステムに組み込まれた当社のBrainWaveソフトウェアは、ポリッシング加工の実施全体を制御し、リアルタイムで製造に適応することを可能にします。

ロボット式プロファイリングの利点

工場におけるブレードのプロファイリングを自動化することによって以下の利益がもたらされます。

  • 製造における品質と均一性が向上します
  • 作業量が向上します
  • 研磨における消耗が減少し(最大75%)、費用も削減されます
  • 人間工学的特性および安全性が向上します

主要テクノロジー

  • 前縁および後縁のプロファイリング
  • 後縁の薄化加工
  • フォイル、プラットフォーム、フィレット半径のポリッシング
  • 3次元ブレンディング作業
  • コード長のフィードバック
  • 最終端部プロファイルのフィードバック

プロファイリングは極めて精密な作業です。仕様要件に適合していることを確認すること、および製造環境で機能する自動プロセスを提供することを確認することが可能な、精度に関するエキスパートチームと共に作業するようにしてください。