AV&R

AV&Rのチームは、だれもがロボットを扱えるようにすることを目的として自社のロボット機械のためのソフトウェアを開発しました。このソフトウェアはシステム内の構成部品の間の相互作用を1つのユーザーフレンドリーなインターフェースで組み合わせるための接着剤の役目を果たします。当社の機械を私たち人間になぞらえると、このソフトウェアは身体の器官の制御センターになるので、BrainWaveと名付けられています。

プログラミングの知識は不要です

BrainWaveはすべての構成部品間の通信および操作の流れを管理する他、ロボットの使用をとても簡単なものにします。ロボットプログラミングの知識がなくとも、他のソフトウェアを使わずに、数回クリックするだけで、シーケンスを作成してパラメータを修正することができます。当社の目的は、加工のエキスパートのためのツールを作り上げることなのです。

BrainWave作動中

リアルタイムモードまたはオフラインモードで、このソフトウェアを使用して以下のことが可能です。

  • オフセットを追加するなどして、ロボットの位置や経路を修正できます
  • ロボットの経路に関する以下のパラメータを調整できます
    • ロボットの速度
    • ツールの速度
    • 部品に印加する力
    • など
  • 新しい部品を機械に統合
  • 適応機能の利点:
    • 部品の実形状に応じてレシピを調整(検査)
    • 作業場内の実際の位置に応じた経路の再配置
    • 研削磨耗の方程式を作成
    • 回転ツールに対して線形な速度を維持

ワーク上でのロボットの経路を簡易視覚化

BrainWaveのUI(ユーザーインターフェース)を使用することでワーク上に作成した経路を可視化することができます。この表示は順序と修正内容を理解し、衝突がなく、経路が理想的であることを確認する上で大いに役立ちます。 

製造時間最適化のためのオフラインモード

BrainWaveのオフラインモードをロボットシミュレータを組み合わせて使用すると、製造を中断することなく、機能的なシーケンスを作成する上で理想的です。例えば、新しい部品を製造に組み込む場合、あるシーケンスを作成し、ロボットがすべての要素に到達することを確認し、このシーケンスをすべてシミュレーションすることが、全てオフラインモードで実行できます。オフラインモードでシーケンスを作成する際に決定した要素は、BrainWaveでリアルタイムに簡単に変更することができるので、この機能はプログラミングの反復作業を大幅に削減します。

オペレータが直感的に使用するための適応化

オペレータは、オフラインで、事務所で快適に過ごしながら、その時の製造に影響を与えることなく、トレーニングを受けることができます。さらに、このソフトウェアは一種のシーケンサーであるので、あらゆる種類のロボットプロセスに移植することができます。1回トレーニングを受ければ、どのようなプロセスであれ、すべてのAV&R製の機械を理解して使用することができます。

BrainWaveについて詳しくお知りになりたいですか?